映画

2020年7月 9日 (木)

映画 『ストーリー・オブ・マイライフ・・・わたしの若草物語』を観て

おかあちゃんです

2020.07.07

ネタバレです

若草物語ができるまでのお話しです・・・途中から物語と現実が交差しています
四人姉妹メグ(エマ・ワトソン)、ジョー(主演:シアーシャ・ローナン)、ベス、エイミー

女性の幸せは結婚することとされていた時代のお話し


次女のジョーは小説家を目指しています…結婚だけが女性の幸せではないと思っていますし、結婚は小説家になる夢が消えてしまうとも思っています
ジョーは恋をしますがローリーのプロポーズを断ります。でも心は淋しいばかり…【現実】出版社では最初はボツでしたが出版社の人の家族(女性)が続きを読みたいと言います(声だけ)
四人姉妹の物語ではジョーは独身のままで終わることに…出版社の人が売れる小説にするためには主人公を結婚させるように言われて書き直します…物語が本になります【終わり】

長女のメグが大好きな女優エマ・ワトソンであることに途中から気付きました
感涙はありませんが、すてきな映画でした

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

映画『ゲド戦記』と『ソニック・ザ・ムービー』を観て

2020.06.30

ネタバレです

アニメ『ゲド戦記』を観て

心に闇を持つ青年アレン王子は国王である父を殺し魔法の剣を奪います
国を捨てて放浪するアレン(真の名レバネン)は狼のような生き物に襲われますが、世界の均衡が崩れつつある災いの源を探る魔法使いのハイタカ(ゲド)に助けられます
ハイタカから旅に一緒に行こうと誘われてホート・タウンに行きます
そこには、人身売買がされていてアレンは捕まってしまいます、再びハイタカに助けられるが、魔法使いクモはアレンは真の名を言わさせて囲こいます
クモはハイタカをうまく、クモの城に呼び寄せます
アレンに助けらたことがあるテルー(テハヌー)が、光のアレンから真の名を聞きハイタカから預かった魔法の剣をクモの城に囲われたアレンに持っていきます
ハイタカを呼び寄せるために捕まえていた、ハイタカの昔馴染みのテナーとハイタカは夜が明ける前に処刑をクモはしようとしている時に、アレンはテルーに真名を言われて我に返りアレンはハイタカ達を助ける…お話しです【だいぶん省略しています】

ちなみに、テルーは竜です

宮崎駿の息子の宮崎五朗が監督しています

 

『ソニック・ザ・ムービー』を観て…未観賞の方は注意してください…読んだとしても楽しめる映画です


ある星にいた地球外生命体のソニックは身の危険から、地球に来てひっそりと隠れて住みます
でも、一人ぼっちのさみしさから、…大停電を起こしてしまい身の危険をまねきます
その地の保安官トムに助けられ、次の移住の星…誰もいない「キノコの星」に行かなくてすみます

ソニック(地球外生命体)を追っていた、奇人ドクター・ロボトニックはソニックを執拗に追い回して(それが面白い)とうとうキノコの星に行かされて、街に平和がおとずれます

逃亡中にトムとやりたかった事をリストにしてやっていきます(…これがまた面白いです…)ソニックは走ると時速400キロ?!です、エネルギーが無限大に使えるハリネズミのような針があります

| | コメント (1)

2020年6月27日 (土)

映画『ドクター・ドリトル』を観て

2020.0625

ネタバレです

スタビンズ少年が狩りに連れていかれ、あやまってリスをうってしまい、動物のドクターを探してドクター・ドリトルを見つけます

ドリトル先生は(毒を盛られた)女王を治すためエデンの樹の果実を求めて旅に出ます…ナナフシを女王の部屋に残して
…少年と動物と一緒に伝説の島を探しますが、王室付きのドクターに妨害され先をこされます
伝説の島の守護…エデンの樹を守るドラゴンに会って治療をして、エデンの樹の果実を手に入れます
女王の命が消えそうな危機一髪に果実の液を絞って飲ませます
女王は助かり、ナナフシのおかげで犯人も判ります

ドリトルは妻リリーを亡くし引退同然からまた、動物を診るようになります…おしまい

いろんな動物と昆虫と話をします、楽しい映画でした

ちょっとだけ眠くなりましたが、『アイアンマン』にも出たロバート・ダウニーJrが主演しています

これからも、映画は観たいと思います、もちろんネタバレですが、興味が持てたら幸いです。
実際に映画を観たらもっと面白いですよ

| | コメント (1)

2020年2月29日 (土)

映画『野生の呼び声』---最強の相棒がいれば 人生は、最高の冒険だ。  を観て

ネタバレです、未観賞の方は気を付けてください

犬のバックとハリソンフォードが演じるソートン

大きなバックは盗まれた犬です---
飼い主は誕生日のパーティーをメチャメチャにしたお仕置にバックを夜に家の外に出しますが、その時に盗まれます
犬売りから逃げますがソートンが落としたハーモニカをソートンに届けたために、すぐに犬売りに捕まえられます
売られて飼い主が変わり郵便配達の犬ソリになります
氷がわれて飼い主の相棒が落ちた時に助けたり、犬達のリーダーになったり大活躍します
ソートンが書いた手紙を受け取り(受け取ったのは郵便配達人です)またソートンと出会います
時代の変わり目で郵便が電報に変わり再び売られて、次の飼い主はとてもひどい人で---見ていたソートンが助けます
ソートンが亡くなった息子が冒険物の本が好きだったことから、バックにふたりで旅に出ようと誘います
行きついた地図にない場所には、先人の残した小屋がありそこに住み着きます
バックは狼を助けて毎日狼と遊びます
ソートンは川に入った時に金の塊のような金塊を川の底に見つけて、採取するのに夢中になりますが---採取をやめます
金を少し残して残りは川に戻します
バックを痛めつけたひどい飼い主が、ソートンが残した地図をたよりにふたりに追いつきます
ソートンは金をあげますがライフルで撃たれます、とどめをソートンにしょうとした時に最初の銃声を聞いて駆けつけたバックがやっけます
ライフルで撃たれた傷でソートンは死んでしまいます
狼の群れで暮らすバックは幸せに暮らします---END

バックがソートンに会うまでの前半とふたり旅の後半に分かれています
バックが段々たくましくなります、自分の狼の血がめざめてゆくのです
ソートンのお酒好き(アル中ぽい)なのですが、やめさせます

ソートンを演じるハリソンフォードは『インディージョーンズ』シリーズで主演をした俳優さんです
『インディージョーンズ』で好きになったお気に入りの俳優さんです
なかなか味のある俳優さんです、字幕でしたが眠くはなりませんでした2箇所字幕を読みそこないましたが問題なかったです

いい映画です---感涙シーンはありません


おかあちゃんでした

| | コメント (2)

2020年1月28日 (火)

映画『キャッツ』と『ジョジョ・ラビット』を観て

おかあちゃんです

ネタバレがあります、未鑑賞の方はご注意ください

『キャッツ』
はヴィクトリアしか関心がなかったのです
「一生に一度の体験を、スクリーンで。」というキャッチフレーズは私には感じませんでした、う~ちゃんが指摘したようにミュージカルは
もう観ません

 

『ジョジョ・ラビット』
はドイツの戦時下の10歳の少年が空想上の友達であるヒトラーの助けを借りて、立派な兵士になろうとします
家にはユダヤ人の少女がいることに気付きますが、母親には内緒で少女と対峙して奮闘しますがやられてばかりです
そうこうしていたら、ドイツが敗戦します…最初はドイツが勝ったと少女に伝えますが外に出た時にドイツが負けたと分かりジョジョにビンタしますそして、二人はダンスをして…ジエンド

戦争時における少年の純粋な心を利用して戦争を正当化するような思想にそめられ、ゆがめられた少年が必死になって立派な兵士になろうとします
しかし、母親は反戦的な行動をとり処刑されてしまいます
ユダヤ人の少女は少年がピンチになった時に姉になりすまし助けます
大佐にも2度も助けられます…人間愛がとても良かったです

…母親役には大好きな『アベンジャーズ』や『ルーシー』のスカーレット・ヨハンソンが出演してます

 

おかあちゃんでした

| | コメント (2)

2020年1月 9日 (木)

STAR WARS スカイウォーカーの夜明け  …1月7日に観て

ネタバレです …観ていない方は気を付けてください

いつもこのシリーズの最後の予感をかきたてながら…全作品を観ていません
本当はこのシリーズが好きなので観たいのはやまやまですが、予告編を観て映画館で観るものを厳選しています

予告編に過去の回想に若きハリソンフォードが演じるハンソロに惹かれて観ました…そう、私はハリソンフォードのファンです
もちろん最後かもと思ったからでもあります

最後が強烈すぎて、はじまりが思い出せないので、最後をブログに残します

~~~戦いながら、繋がりを強く感じるレイとレンは一緒に皇帝ダースシディアスに対峙して力を取られます
レンはレイに自分の命を与えます…レンは消えてしまいます
レイは一人で皇帝に立ち向かいます…主人公なのでもちろん皇帝を負かします
…ちょっと映画『ワンダーウーマン』のような勝ち方です(観ていない方は是非観てください…いい映画です)
~~~レイはジェダイの剣を埋めて、通りかかった荒野に住んでいる女性から名前を聞かれ
「レイウォーカー」と答えます…(終)

映画は印象的で観て良かったです

本当に一瞬のハリソンフォード見たさに映画を観たら、今のレンが父の魂と話す老いたハンソロと会話する姿を観ることができて、とても良かったしラッキーでした
これからの新しいハリソンフォード主演の映画がたのしみです



おかあちゃんでした

| | コメント (2)

2019年12月12日 (木)

アナと雪の女王2とターミネーターを観て

12月7日にPC買い替えました

 

11月28日に観た映画です
ネタバレです観てない方は読まない方がいいかもしれません

『アナと雪の女王2』では後半で感動の涙がでました
姉妹で幸せな日々を送っていたエルサに不思議な歌声が聞こえるようになりました
その声の正体を知るための旅に姉妹とクリストフの3人でアレンデールをでました
いろんな困難がありました
とうとうその困難さゆえに、エルサは妹をアレンデールに帰そうとしました…エルサは海を素足で渡り歌声がする所に着きます
がエルサ自身が凍ってしまい最後の力をふりしぼってアナにメッセージを送りました
アナがそのメッセージを受けとって、悪い祖父が造ったダムを壊します
最後は元霧の民のところでエルサはとどまり、王位はアナに譲りました

とっても良かったです、勇気と希望と愛と…素敵でした

なんか、う~ちゃんによるとディズニーがくだらないSMSを発信したとかですが
…私の感想はそれに全く関係ないです

後で観た『ターミネーター』は感動はしませんでした
でもシュワちゃんがタップリ観れて良かったです

話は最後の審判は起きずに、サラが青年になった息子とピーチにいるところに
シュワちゃんが来て息子を殺してしまうところからはじまります
シュワちゃんはその後サラにメールをひそかに送り続けて新たな未来から来た敵の位置を知らせます
その一つが…2人の女性がサラと共に、シュワちゃんの居場所をつきとめて一緒に戦うのです

その2人のうち一人は、未来で強化された女性が、自分の女性指導者を守りに未来から来ます
未来からの敵もやってきて、シュワちゃんのメールを受け取ったサラが敵を倒しに来ます…
…3人はシュワルちゃんのところに来て、一緒に戦うのです

シュワちゃんはずっと出ています、ファンにはたまりません

投稿はおかあちゃんです

| | コメント (0)

2018年2月20日 (火)

パディントン2を観る

今年最初の映画は『パディントン 2』を観ました
最初に公開されたパディントンも観に行きたかったのですが…
なんとなく行きませんでした

おかあちゃんはこの手の映画はあまり好みでないので
ひとりで観に行きました
映画館は大分駅の駅ビルにあるので、ひとりでも楽に行けるのが嬉しいです

ポップコーンも買わずに、映画に夢中になって楽しみました
パディントンはちょっと紳士なテディベアです
あ~面白かった…早く3が観たいなぁ

| | コメント (0)

2017年10月 5日 (木)

映画「ワンダー・ウーマン」

10月4日(水曜日)病院が終わってから、おかあちゃんと映画に行きました
先日も観に行ったばかりですが、おかあちゃんオススメの映画ということで、行ってきました

ワンダー・ウーマンという映画です
明日までの公開です。駆け込み観賞ですね(*´v゚*)ゞ

私の感想はただ一言『カッコイイ~
主人公は女性ですが、ただただカッコイイのです
立っているだけですばらしいプロポーションで(足が長~く、均整の取れた体)
今時の若い女性にありがちな、痩せすぎの体ではなく、筋肉の付いた(マッチョではなく)無駄のない肉体美です

ストーリーは特筆するような内容は無いと思いますが
近代的なバトルの映画には無い、かっこ良さを感じました

映画館を出た時には、私も世界が救えそうな気分になっていました
┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (0)

2017年9月26日 (火)

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

9月25日(月曜日)に話題の映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を見てきました
主演は西田敏行さんと山田涼介さん。原作は東野圭吾さんの同名小説です
東野圭吾さんの小説といえば、ミステリーが思い浮かびますが、これは心がほっこりとなるお話です。派手なアクションシーンはありませんし、推理小説的な謎解きもありませんが、感動的な作品でした

また、この映画は大分県豊後高田市の「昭和の町」で撮影されたようですが、それ以外にも、大分県内の各所や大分市の建物(コンパルホールなど)が出てきて私にはなかなか興味深いものがありました

主な舞台であるナミヤ雑貨店の壁にみどり牛乳の牛乳箱があったのには思わず目が釘付けになりました
ストーリーには何の関係もないところで、ずいぶんと楽しみました

まだ公開中の映画なので内容には詳しくは触れませんが、邦画のあまり好きでない私も見終わって「あ~良かった」と思う作品でした

興味があり、お時間のある方はどうぞご覧になってください
ほっこりしたいい気持ちになると思いますよ

| | コメント (2)

より以前の記事一覧