« STAR WARS スカイウォーカーの夜明け  …1月7日に観て | トップページ | 映画『野生の呼び声』---最強の相棒がいれば 人生は、最高の冒険だ。  を観て »

2020年1月28日 (火)

映画『キャッツ』と『ジョジョ・ラビット』を観て

おかあちゃんです

ネタバレがあります、未鑑賞の方はご注意ください

『キャッツ』
はヴィクトリアしか関心がなかったのです
「一生に一度の体験を、スクリーンで。」というキャッチフレーズは私には感じませんでした、う~ちゃんが指摘したようにミュージカルは
もう観ません

 

『ジョジョ・ラビット』
はドイツの戦時下の10歳の少年が空想上の友達であるヒトラーの助けを借りて、立派な兵士になろうとします
家にはユダヤ人の少女がいることに気付きますが、母親には内緒で少女と対峙して奮闘しますがやられてばかりです
そうこうしていたら、ドイツが敗戦します…最初はドイツが勝ったと少女に伝えますが外に出た時にドイツが負けたと分かりジョジョにビンタしますそして、二人はダンスをして…ジエンド

戦争時における少年の純粋な心を利用して戦争を正当化するような思想にそめられ、ゆがめられた少年が必死になって立派な兵士になろうとします
しかし、母親は反戦的な行動をとり処刑されてしまいます
ユダヤ人の少女は少年がピンチになった時に姉になりすまし助けます
大佐にも2度も助けられます…人間愛がとても良かったです

…母親役には大好きな『アベンジャーズ』や『ルーシー』のスカーレット・ヨハンソンが出演してます

 

おかあちゃんでした

|

« STAR WARS スカイウォーカーの夜明け  …1月7日に観て | トップページ | 映画『野生の呼び声』---最強の相棒がいれば 人生は、最高の冒険だ。  を観て »

映画」カテゴリの記事

コメント

「キャッツ」も「ジョジョ・ラビット」も観ていませんが、
某ラジオ局の映画紹介(主観的)の中で「キャッツ」は、
少々残念という評価でした。
キャッツは、ミュージカル(生を)として舞台で観た方が
いい・・・・という評価でした、その人によるとですが。
それもあってわたしは観ませんでした。
時々そのその某ラジオ局の映画紹介を参考にして
映画を観る時があります。

投稿: 浜辺の月 | 2020年2月 7日 (金) 08時56分

コメントありがとうございます

映画を見る時は予告編を観てから観ます
ヴィクトリアはとても綺麗でどんな風に出演ししているか興味がありました
『キャッツ』の主題歌も聴いてみたかったこともあって観ました

『ジョジョ・ラビット』はマイナーな映画です
予告編もなくて観ました
少年ジョジョがスクリーンの中ですごく頑張っていて良かったです

投稿: おかあちゃん | 2020年2月13日 (木) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STAR WARS スカイウォーカーの夜明け  …1月7日に観て | トップページ | 映画『野生の呼び声』---最強の相棒がいれば 人生は、最高の冒険だ。  を観て »