« 秋の懐石弁当…その顛末 | トップページ | おかあちゃんプラネタリウムを作る »

2013年10月26日 (土)

だんご汁作りの会に参加

10月25日(金曜日)、西部公民館でおこなわれた、コープおおいた主催の「だんご汁作りの会」にう~とおかあちゃん、ふたりで参加しました
台風が心配でしたが、雨もあまりひどくなく公民館まで歩いていきました
カメラを持っていかなかったので写真はありません(^-^;

まずだんごを作ります
小麦粉にひとつまみの塩を加え、水を少しずつ加えながら練ります
この係りはう~が担当しました
だんごを柔らかく仕上げるためには、あまり強くこねてはいけないと言われましたが、すでにう~は力いっぱいこねてしまっていました
┐(´д`)┌ヤレヤレ
硬くなった場合は…手水を付けて優しく練り直します
うん!だんごはいい感じに、こねあがりました

次にだんごをひとつまみずつちぎって、丸めて寝かします
この時、とっても重要なコツがあります
ちぎった断面を手のひらにくっつけて太い棒状に形成します
これを間違えると、だんごが伸びないそうです

ひとまずだんごは寝かせておいて
他の材料の準備です
豚肉(薄切り、ひとくち大)、里芋(ゼッタイ入れるべし)、大根、人参(いちょう切り)、ごぼう(大きめのささがき)、干し椎茸(戻し汁も利用)、小松菜(白菜などでも可)、深葱、小葱など…お好みで

鍋に油を入れて、豚肉をよ~く炒めます(完全に火が通るまで)
次に根菜と椎茸を入れて炒め、水を入れます(椎茸の戻し汁も…)、4人分で2000ccほどが目安です
水を入れたら、材料に火が通るまで蓋をして煮ます
材料が煮えたら、あくを取り残りの葉物を入れます(小葱は除く)

そして…
いよいよだんごを投入です
塊をひとつ手に取り、手のひらで軽く押さえて、下から軽く引っ張ると…
あら、不思議
だんごがスルスルと伸びます
何の苦労もなく、スウーっと長く伸びます(v^ー゜)ヤッタネ!!

だんごが煮えたら、だしの素少しと、味噌を入れて完成です

早速みんなでいただきま~す(゚▽゚*)
だんご…柔らかくて美味し~い( ^ω^)おっおっおっ
野菜もとても美味しいです
産直米のおにぎりもいただきました

手作りのだんごで作るだんご汁
なんだか最初は難しそうと思ったけれど
時間も手間も、思っていたよりかからず
味はとっても美味しい!
是非、みなさんもトライしてください(o^-^o)

|

« 秋の懐石弁当…その顛末 | トップページ | おかあちゃんプラネタリウムを作る »

クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
へえ~~、私が教えてもらった作り方とは、ちょっと違いますね。
私も生協のおばあさんに習ったんです。
だんご汁講習会で。20年前に。

私の場合は、中力粉を30分ぐらい大きなボールでこねました。
子供の粘土遊びの粘土のように滑らかになりました、
おばあさんは、まだまだ、まだまだといって長くこねさせました。

大きなまあるいままを、濡れふきんをかけて30分ほど寝かせます。
30分経つとまたこねます。
15分ほどこねて、包丁で短冊形に切り分けて、一つ一つを指くらいの大きさにこねて、また30分ほどねかせて、
それから汁に伸ばしながら落としていきます。

おばあさんは、指くらいの小さなだんごを、それを1mぐらいに伸ばして、更に半分に裂いて2mにして、更に裂いて長くしてました。

すごかったよ。

おばあさんは、丁寧に教えてくれたけど、私の作り方は
うーさんと同じです。
夕食作りにそんなに時間はかけられませんからね。

でも、おばあさんには感謝しています。
だんご汁が作れるようになってよかったですね^^

家で作ったら、写真を載せてくださいね

投稿: 由美 | 2013年10月26日 (土) 14時20分

いらっしゃ~い、由美さんo(*^▽^*)o

だんご汁は私は田舎に嫁いで覚えました
お姑さんは亡くなってしまったけど
いろいろな行事や炊き出しで婦人会の人に習いました
そこでは大量に作るので、こねるのは「餅つき機」です
サラダ油と里芋の蒸したものを加えることで
時間をかけて寝かさなくても
柔らかく、よく伸びるだんごができます

家で作るなら…
手捏ねが一番美味しくて、手軽でしょうね
作って写真を撮りたいけど…
いつになるかわかりません(^-^;

投稿: う~ちゃん | 2013年10月26日 (土) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の懐石弁当…その顛末 | トップページ | おかあちゃんプラネタリウムを作る »