« デイの生け花と真夏の花たち | トップページ | 2013 大分七夕まつり »

2013年8月 4日 (日)

2013年 喘息市民公開講座

今日は、大分オアシスタワーホテルで喘息市民公開講座がおこなわれました
演題は『賢い患者になるために~喘息治療は自己管理から~』
演者は聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 副院長兼 呼吸器内科部長 駒瀬裕子先生

この講演会は毎年この時期におこなわれます
今年は例年以上の暑さで、出かけていくのが大変でした
会場にはけっこうな数の人が集まり、公開講座は成功のようでした

内容は、私やおかあちゃんには目新しいことは無かったのですが、喘息の知識がまったく無い人にもわかりやすかったのではないかと思います
私たちは毎年この会に、少しでも新しい情報を求めて行くのですが、そうそう新しいことは無いようです

今年新しいことといえば、初めて会の終了後に、医師による相談コーナーに立ち寄ったことです
旅行用にと考えていた「携帯用酸素濃縮機」について尋ねてみると、う~の使用している流量3.5リッターでは対応が難しいようでした
また、肺に痰が溜まったらCTに写るかと尋ねたら、「写る」と言われました
この間のCTに写っていなかったので、安心できました

たまにはセカンドオピニオンに意見を聞くのもいいものだと思いました

|

« デイの生け花と真夏の花たち | トップページ | 2013 大分七夕まつり »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デイの生け花と真夏の花たち | トップページ | 2013 大分七夕まつり »