2018年9月19日 (水)

おでん大好き♪

そろそろおでんも良い季節です
私はおでんが大好きheart04
好きなおでん種は、こんにゃく(しらたきも可)、たまご、大根、厚揚げ、昆布、里芋、はんぺん、3色団子などなど
特にこんにゃくとたまごと大根は外せません

最近はおしゃれな種も多いですが、いまひとつ口に合わない場合が多いです
ギョウザ巻きやウインナー巻きにはびっくり
お肉系はできれば入っていないほうが好みです

おウチおでんが一番かもしれないけど
最近はコンビニのおでんも美味しいですしレトルト?のおでんもなかなか美味しいです(不味いものも当然ありますが)

夏でも食べたいけど、寒くなってくるとさらに美味しく感じられます

| | コメント (0)

天高く○○(馬?う~?)肥ゆる秋

空を見上げると、秋になったと感じるこのごろです
夏の間はもくもくと入道雲が見えていますが今は秋の雲です

秋の雲と言えば『うろこ雲』とか『いわし雲』と呼ばれる巻積雲(けんせきうん)と『ひつじ雲』と呼ばれる高積雲(こうせきうん)でしょうか
巻積雲は5000~13000メートル上空に発生しますし、高積雲も2000~7000メートル上空に発生します
ちなみに夏の入道雲は地上付近から発生し、雲の頂上(雲頂)は10000メートルを超えることもありますが、分類では低層雲になります
秋の雲は氷の粒でできていますが、入道雲は低いところは水の粒ですのでずいぶん違います

ここで、雲について…
雲は発生しやすい高さによって、上層雲、中層雲、下層雲の3つに分類されます
また、雲の形は国際気象機関が発行した「国際雲図帳」により10種雲形が基本とされています
上層雲…5000~13000メートル
 巻雲(すじ雲)・巻積雲(うろこ雲)・巻層雲(うす雲・太陽にかかって「かさ」と呼ばれるのはこの雲)
中層雲…2000~7000メートル
 高積雲(ひつじ雲)・高層雲(おぼろ雲)・乱層雲(雨雲、雪雲)
下層雲…地上付近~2000メートル
 層積雲(うね雲)・積雲(わた雲)・層雲(きり雲)・積乱雲(かみなり雲)

アーククラウドや漏斗雲などの特殊な雲が発生すると、ゲリラ豪雨や竜巻が発生することもあるので注意が必要です

と、雲の話はこのくらいにして
秋は美味しいものがたくさんで幸せheart01
そろそろおでんも食べたい季節です
次はおでんの話でも…

| | コメント (0)

2018年9月17日 (月)

柞原八幡宮 仲秋祭・浜の市~花火大会2018

9月16日(日曜日)19時50分から、大分市(西大分)かんたん港園で
浜の市のメインイベント花火大会が開催されました
おおいた七夕祭りの花火大会(8月4日開催)は毎年テレビ桟敷で見てますが
浜の市の花火大会は行くことが多いです

ここの花火大会は、小規模ですがあまり混雑せず、楽に見られる上にウチからも近いので行くのです

ところが…
今年は、行ってビックリ!!(゚ロ゚屮)屮
すごい人出です
昨年までの5倍は人がいます(@Д@;
たぶんとなりの広い駐車場で「世界のフードフェスタ」も開催されていたことも影響していたと思われます

ここの花火大会が19時50分という半端な時間に始まるのは
すぐ横の大分港から19時40分に出航するさんふらわあが港を出て行った後に始めるためなのです
大きな客船はすぐ近くを通ると明るすぎますship

折りたたみ椅子をウチから持っていったので、楽に見ることができましたhappy01

花火は約20分くらいありました
七夕祭りの時の花火では打ち上がらなかった種類が何種類かあり
大きな尺玉も何発も上がり迫力満点です
尺玉の中に、七色のキラキラした花火がありキレイでした(赤、緑、金色、青、ピンク、黄色、オレンジ色、紫)
あと…始めて見たのは、ソーダがブワーっとあふれるように金色の光が、キラキラしながら上がる花火がキレイでした
終了間近の時に、金色の尺玉の連打があり壮観でしたw(゚o゚)w
型物(蝶々やレモン?)はいまひとつだったけど
全体的には大満足でした(o^-^o)
生で見ると音も大迫力でした

帰りはバスを使い、最寄の停留所からは徒歩で帰りました
私にしては、とっても良い運動になりました
買い食いもせずに頑張ったのでおかあちゃんに褒められました
来年もぜひ行きたいです(v^ー゜)

| | コメント (0)

«すき焼きの中身は?